たかが献立でキレないでください!

我が家の台所仕事を担っているおばあちゃん。
だいぶ年配者っぽくなってきたものの、口は達者。
いえ、芸人以上によく口が回ります。
このおばあちゃんが献立作りに役立つように、子供達の給食メニューは予め渡しておきます。
にも拘らず、給食と夕食の献立が被る被る。
一応、私も給食メニューに目を通すので、テーブルを見れば被りっぷりが解ります。
子供達も以前は「これ今日の給食と同じー!」なんて言い放ち、「嫌なら食べなくてもいいよ」と、おばあちゃんの口撃にあっていましたが、最近は黙って食べています。
ところが、久しぶりにカレーとサラダで被ってしまいました。
そこで息子のフォローしているのかいないのか、よく解らない「おばあちゃんのはチキンカレーだね。今日の給食はポークだったよ。」とのコメント。
「納豆でも食べるかい?」
いやいや、決して嫌がっているわけじゃないんです。
子供はカレーだったら毎日でも構わないのですから。
しかしながら、その後はなんとなく殺伐とした雰囲気に。
おばあちゃん、どうぞ献立くらいでキレないでくださいな。